上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春よ恋の日々よ 咲かない花咲かせてよ
散り散り桜模様 沈黙の花言葉

チェンジ・ザ・ワールド/スムルース
中華料理/山崎まさよし
今年ももう半年が過ぎようと・・・うーん、してるのかな?
まぁ今年に入ってから沢山の曲がリリースされたわけですが、
抜群に気に入ってる曲が2つあります。

藍坊主の「Esto」とFozztoneの「黒点」なんですけど、
どっちもまぁマイナーです。大いに不満があるところだけど
そこは文句言いたい気持ちを抑えつつスルーです。
Estoの方はアルバムのテーマが「存在」と「森」だそうで
銀は「存在」関係の曲が全体的によかったかなーと思うです。

無いということ それさえ無い世界
何も無ければ 失うことも無い
究極のバランス 完全な均衡
壊して 壊され そんなこともない
あるとき何かを 間違えたのだろう
始まりは自分を 始めてしまった
バランスは崩れ 不完全になる
僕らの宇宙 愛すべき世界

バランスは崩れ不完全になる僕らの宇宙愛すべき世界
この歌詞がいい味を出していると思うのですよ。
間違ってるし不完全だけど美しい愛すべき世界なのです∈(・ω・)∋


もう片方の黒点の方は完全にインパクトで持っていかれた感じ。
あとアツいッス。アルバムがレンタルされてないくらいマイナーだけど、
こういう曲出せるなら個人的に楽しみですよ(・ω・*)

必要なのはロックンロール それは腹を空かせた怪物だ
軽率なのはロックンロール 人に答えではなく力を買い与えた

この歌詞が1つの答えのように見えました。
音楽全般に言えることが、曲とか詩の中に
メッセージだとか主張だとか、
あるいは何かを与えたかったりとか、
そういうものがあると思うのですよ。
それを形にできるものの一つが音楽ではないでしょうか。
そのほかにも絵画だったりもっと直接的に文字やら言葉があるけど。
ロックンロールが答えをくれるんじゃなくて、
答えを形にする力をくれるのがロックンロール、こんな感じ(?)
ちなみに2番のサビでは「力を買い与えた」の部分が
「理由を買い与えた」になってます。
答えを主張するきっかけと考えるとしっくりくるかな。
これが俺のロック!みたいな。


Esto・・・はなかった(´・ω・)

黒点 http://jp.youtube.com/watch?v=BsVtK1flRk4
Secret

TrackBackURL
→http://si7ver.blog39.fc2.com/tb.php/39-5b64a966
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。